アメリカで自分ケア

アクセスカウンタ

RSS Dress Your Best Weekが始まります!

<<   作成日時 : 2010/05/09 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


大学院生3人(既婚。1人は子供有り)のファッション・ブログ”academichic”(アカデミシック)が、今年もDress Your Best Weekを実施します。

まずは、この企画の説明から。かっこ内は意訳の拙訳です。

So often, our focus when getting dressed in the morning is how to minimize or downplay aspects of our bodies that we’re just not crazy about. Does this skirt smooth my hips? Does this top hide my tummy? Do these pants make my thighs look slimmer?
(朝、着替えるときに考えがちなのは、自分が好きじゃない部分をどうやってごまかすか、ということ。このスカートは腰のラインをきれいに見せてくれるかしら?このトップはお腹を隠してくれるかしら?このパンツは腿を細く見せてくれるかな?)

But what would happen if you inverted that thought process? What if, instead of dressing to mitigate your so-so, you dressed to highlight the parts of your body that you love most? What if, for a whole week, you committed to self-consciously dressing your best bits?
(でも、この思考プロセスを逆にしたらどうなるでしょう?自分のいまひとつな部分をカバーする代わりに、自分が大好きな部分を強調する装いをしたら?一週間、意識して自分の長所をドレスアップさせる決心をしたら?)

When we tried this experiment last year, all three of us were surprised by how empowering such a simple mental switch could be. E. dressed for her baby bump. A. dressed for her calves. S. dressed for her hair. Although our outfit choices may not have changed that much visibly, the act of getting dressed and articulating why we chose what we did had a significant psychological and emotional effect.
(去年、この試みをしたとき、わたし達3人は全員、こんなに簡単な考え方の切り替えが自分達にどれほど自信を与えてくれるかに驚きました。Eは妊娠中のお腹、Aはふくらはぎ、Sは髪のためのコーディネートをしました。わたし達の服の選択はあまり外見を変えるものではなかったかもしれませんが、その服を選んだ理由を説明するという行為は心理的・感情的に大きな効果を生みました。)

5月10日(月)から14日(金)まで、わたしもこの企画に参加します。その様子をレポートするとともに、他の参加ブロガーもご紹介していきますね。

テーマ

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL


コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
URL(任意)
本 文